本当に必要?外壁塗装の目的

タイルやレンガの外壁以外なら、必要となる外壁塗装。
とはいえ、家の見た目は築年数が経ってもそこまで変わらないので、その必要性はあまり感じませんよね。
築20~30年経っても外壁塗装どころかメンテナンスもしていない、という方も調べてみる限りちらほらいるようです。
しかし、それはあまりにも危険と言わざるを得ません。

今回は外壁塗装の必要性とその目的についてご紹介したいと思います。
迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

■外壁塗装の主な目的

外壁塗装は何のために必要なのでしょうか。

・防水性を上げ、災害に強くするため

外壁には生活空間である家の内部を雨風から守る、という大きな役割があります。
もちろん、プライバシーの確保や遮音という役割もありますが、生活が守られるという視点において雨風を防ぐことは第一前提ともいえる要素でしょう。

この雨風から家を守るためには「防水性」が不可欠です。
しかし、この防水性は永続的なものではなく、徐々に失われていってしまうもの。たいていは築10年ほどで外壁材の防水性はなくなってしまうとされています。
そのため外壁塗装を行って、防水性を上げてやれば、家を長持ちさせることにつなげられます。

この防水性を保っておかないとどうなるかというと、雨が家に浸入することに。
じわじわ浸入した雨は壁の内部に広がり、建材や断熱材にまで至るでしょう。そこで腐食が起こると建材はもろくなり、カビの発生以外に耐震性にも影響が出ます。

虫歯はポピュラーな病気ですが、自然治癒はしないので、たいていの人は見つけたらすぐ治療しますね。
この虫歯、放置すると骨や血管にまで虫歯菌が入り込み、心筋梗塞・脳梗塞を起こすとされています。とくに首から下へと菌が回ると死亡率が跳ね上がる恐ろしい病気です。

家の内部で腐食が起こるともちろん自然には直らないので、虫歯に対する歯科治療や検診のように、未然に防ぐことが重要になります。
それが外壁塗装が必要とされる大きな理由・目的です。

・見た目をきれいにする

外壁塗装を行うと見た目が新築のようにきれいになった、という声がよく上がります。
築10年ほどがたつととくに色の濃い外壁は色褪せが目立ち、雨によるホコリやチリが付着しているほか、ひび割れやチョーキングなどが見られて、新築時と比べると見劣りする外観になっています。
外壁塗装では基本的に3回塗り重ねるので、元の外壁をすっかりカバーすることが可能です。

また、元の外壁と同じ色を塗る必要もないので、新しい色を塗って見た目を変化させることができるのも、醍醐味の一つです。

・掃除を楽にする

外壁塗装の塗料には付加機能といって、防水性のほかにさまざまな機能がついている製品があります。
塗ると汚れがつきにくくなる低汚染性や、湿気の多い地域や環境で重宝される防カビ性・防藻性などの機能があれば、今まで時間を取られていた掃除の手間が少なくなることも。
汚れも劣化の原因となりますので、汚れにくい壁というのは結果的に家を長持ちすることになります。

・室内を快適にする

昨今は遮熱性・断熱性などの機能を持った塗料が登場しており、とくに遮熱塗料を使用した場合は自治体から助成金・補助金を受け取れる場合が多いです。
これらの塗料を使った家は室内の熱が上がりにくく、夏場の空調コストを抑えることができます。断熱性のあるものは冬場も快適に過ごせるでしょう。

・売却しやすくする

外壁塗装を行うと見た目がきれいになるため、売却を考えている場合はより売れやすくなります。
不動産業界では、家が売れる条件において立地・間取り・価格が争点になるようですが、これらのどれもがあてはまらなくても、リフォームや内装が良ければOKということも。

なかなか売れない家でも、リフォームで整えたら買い手がついたケースがあります。
当初の販売価格からリフォーム費や外壁塗装費を上乗せした価格だったにもかかわらず、です。
印象の良さは大きな武器になるでしょう。

■まとめ

外壁塗装の大きな目的は家を守ること、ひいては住人を守ることです。
付随してほかの目的もありますが、築10年がたっておりましたら、ひとまず外壁診断などをお願いしましょう。

松原塗装は大阪府茨木市を中心に、北摂エリアで外壁塗装・屋根塗装・防水工事を承っております。
20年以上塗装業に従事し、大手ハウスメーカーの下請けとして多くの建物に関わってきましたので、対応力に自信があります。
お見積りはいつでも受け付けておりますので、工事をご希望の方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら>>

PAGE
TOP